ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

環境制御システムコースの教職員

2020年10月現在、スタッフとして教授6名,准教授7名,助教3名の教員、2名の事務職員がいます。教授のうち1名及び准教授のうち2名は、理工学研究科と連携協定を結んでいる埼玉県環境科学国際センターに所属する連携教員です。



教員
名前 職階 研究分野 専門分野
見島 伊織 連携准教授 物質循環系/環境総合評価 水環境工学


米倉 哲志 連携准教授 物質循環系/環境総合評価 植物生理生態学、環境科学

WANG WEIQIAN 助教 物質循環科学系 / 物質循環制御 大気環境化学、バイオエアロゾル科学、環境リスク評価
八戸 昭一 連携教授 物質循環系/環境総合評価 環境地質学


王 青躍 教授 物質循環科学系 / 物質循環制御 環境化学、有機資源工学、バイオエアロゾル(花粉、黄砂)計測、分析化学、廃棄物資源化、リサイクル工学
1.地域大気汚染動態の解析
2.地球環境に調和した資源利用技術の開発

関口 和彦 准教授 物質循環科学系 / 物質循環制御 環境化学、エアロゾル科学、環境浄化技術

藤野 毅 教授 応用生態学系 / 応用生態工学 水環境、熱環境、環境動態計測、環境負荷低減技術


Senavirathna Mudalige Don Hiranya Jayasanka 助教 応用生態学系 / 応用生態工学
川合 真紀 教授 応用生態学系 / 遺伝子環境工学 環境ストレス耐性植物の分子育種、植物の光合成能力の改変、代謝工学による有用代謝物生産制御、植物の環境ストレス応答の分子機構の解明

山口 雅利 准教授 応用生態学系 / 遺伝子環境工学 ストレス誘導性細胞死の分子機構、ストレス耐性植物の分子育種、代謝工学、環境修復

石川 寿樹 准教授 応用生態学系 / 遺伝子環境工学 ストレス誘導性細胞死の分子機構、ストレス耐性植物の分子育種、代謝工学、環境修復
門野 博史 教授 環境評価学系 / 環境センシング 統計光学、レーザースペックル、干渉計測およびこれらの環境光計測への応用、植物生長計測
山根 敏 教授 環境評価学系 / エコエレクトロニクス 溶接生産環境は作業者に対して過酷な環境となる。そこで,熟練技術者の知識・経験を用いたロボット溶接の知識情報処理・制御に関する研究を行っている。
長谷川 靖洋 准教授 環境評価学系 / エコエレクトロニクス エネルギー工学,半導体工学,プラズマ工学

深堀 清隆 准教授 環境評価学系 / 都市基盤 景観認識論、景観計画・設計手法
* 埼玉県環境科学国際センター所属

各教員の経歴などは埼玉大学研究者総覧で公開されています。



事務職員
高倉 洋子事務室
山上 貴代美コース長秘書、大学院GP事務

埼玉大学 理工学研究科 工学部 環境共生学科

ページの終端です。ページの先頭に戻る